<< あと4か月 | main | 新たな問題が >>

0

    敬老の日に、義母をグループホームに尋ねました。
    ワンたちも一緒に(^^ゞ

    喜んでもらえるかと思いきや、カペラが飛びついたら
    「こういうのは好きじゃないんだから」と言われてしまった(^^ゞ
    今度は人間だけで行こう(笑)

    主人は毎月、こちらに帰宅した時に、会いにいってるけど、
    私が会うのは3カ月ぶり。
    主人のことは認識してるけど、私のことはわかっていたのかなあ?(^^ゞ
    まああえて追求しなかったけど。

    なんだか症状が進んでしまって、ずっと椅子に座ったきり生気がない。
    なにをする気にもなれないみたい。
    人と話すのも億劫な感じ。
    今のところは食事はきちんとしているらしいけど、
    そのうち食欲もなくなってきて、食べなくなってしまうんじゃないかと心配。

    義母は、元気なころは、趣味も多い人で、
    書道、朗読、裁縫、ウォーキング、ダンスなどいろいろやってた。
    健康にも気を使って、おいしいものより健康によいものを選んで食べていた。
    でもふせぎようもないこともあるんだよね。
    うちの母みたいに、無趣味で、テレビ見ることしかしないような人のほうが
    認知症にもかからずにいるって皮肉な感じがする。

    義母は物忘れがひどくなった時から、だんだんと症状が進んでしまった。
    2年か3年くらい前に、カーテンを自分一人で掛け替えようとして、
    脚立から落ちて、腰を強打してしばらく動けなくなった頃から
    坂を転げ落ちるように悪化してしまった。

    進行している時は、毎日文句ばっかり言い、義父のことをののしり
    ホントに見ているのがつらいくらいだった。
    それでついつい私も足が遠のいてしまった。
    今は、言葉は悪いけど、夢遊病のように夢の中で生きてるって感じ。
    自分の置かれている状況も、よく把握できていないようだから
    ある意味幸せなのかな・・。

    認知症って恐ろしい病気だなって改めて思いました。
    自分がかからないっていう保証もまったくないし、
    気をつけていても、かかる時はかかるんだもの。
    そんな話を知り合いとしていたら、
    あと10年くらいしたら、特効薬が開発されてるだろうから大丈夫よ、って言われた(笑)
    そうなのかな〜?
    まあそうだと思いたいね。
    posted by: ろみい | 日々のお話 | 16:14 | comments(2) | - | - |
    コメント
     
    2014/09/21 1:14 PM
    Posted by: Chimi
    本当に認知症の特効薬が早く開発されて欲しいです。
    うちの母はまだ初期で、進行の仕方も人によってまちまちかもしれないけど、多分これからろみいちゃんのお義母様と同じような経過をたどってゆくのでしょうね。切ないけど仕方がないと腹を括りました。
    母は最近お薬が効いてきたのか、基本的な物忘れ症状はあるものの、被害妄想や作り話は少なくなりました。機嫌も良いの。このまま進行を少しでも遅らせられたらいいな。
    今、認知症に関するものを読みまくっています。ろみいちゃんの日記もとても参考になりました。
    2014/09/21 11:02 PM
    Posted by: ろみい
    ★Chimiちゃん

    コメントありがとうね(^^)

    テレビとか人の話とかではよく聞いていたけど、実際に家族がそうなってしまうと、ホントにつらいよね。
    自分の親だったらなおさらだと思います。

    人間の尊厳ってものが感じられなくなってしまう病気です。

    義母も認知症だと診断が下ってから、
    悪化させないように、声に出して本を読む、日記を書く、運動をするとか
    いろいろやってはいたけれど、
    結局続かなかったみたい。
    薬も飲んでいたけど、すぐに面倒がって飲まなくなってしまいました。

    デイサービスにも行ってたんだけど、
    自分で勝手に電話して
    「今日は用事があるのでお休みします」って言ってさぼるようになりました。
    ご飯作ったり、掃除したりの作業はできないのに、そういうところだけは
    なんだかしっかりできてしまうのが不思議でしたが(笑)

    Chimiちゃんのお母様は薬が効いているようだから、このまま進行を止められるといいね。
    薬はしっかり飲むように言わないとね!