<< 引越し完了 | main | 節電 >>

怒濤の二週間

0
    大地震から2週間。
    ほんとうに慌ただしい毎日でありました。

    ガソリンはたまたま満タンにしておいたから
    混乱に巻き込まれずにすんだけど、
    スーパーには物がなく、
    毎日適当な食事をしてました(いつものことだとも言えるけど(笑))
    でもまあ、いつもと同じではなくても
    食べられる物があるだけ恵まれているのだわ、と
    被災者の方々の姿を見ながら
    ありがたく思ってました。

    でもね、世の中そういう考えの人ばかりではないって、
    思い知りましたよ。

    私は某宅配生協の事務所で働いてます。
    この大地震の影響で、物流がストップしてしまい
    入荷できないものがたくさんでてきてしまいました。
    当然、利用者には注文したのに届いていないものが
    いくつかあるわけです。
    毎日その問い合わせの電話で忙殺されてます。
    毎日残業です。

    毎日、毎日「申し訳ありません」ばかり言ってるので、
    テレビで繰り返し流されるACのコマーシャルのように
    自分でも飽きてきたくらいです(笑)。

    だいたいの方は、「こんな時だから仕方がないですね」と
    おしゃってくれるのですが、
    5人に一人くらいは、商品が届かないことに対して
    クレームをつけてきます。
    こちらとしては、ただひたすら事情を説明して
    謝るしかないんだけど、
    謝ったらすむってもんじゃないのよ!的な勢いで
    延々とクレームつけてくるクソババア(失礼!)がいるので
    困ったもんです。

    しかも、しょうがとか、ピーナッツとか
    別にそれが食べられなくたって死にゃあしないだろ!って思うようなものが
    届かない!って大騒ぎする人もいるので
    あきれかえっちゃうんだよね・・・(笑)。

    たぶんそういう人たちも、津波に飲み込まれた街や
    まともに食事もできない被災者の方々をテレビで見て、
    きっと「なんてかわいそうに・・・大変でしょうね」って
    思ったはずなんだよね。
    それなのに、ちょっとでも火の粉が自分のほうに降りかかってくると
    やっぱり自分のことしか考えないんだよね・・・。
    もうちょっと我慢するってこと、できないのかなあ。

    確かに体が悪くて買い物にでられなくて、宅配に頼っている人もいるだろうから、
    そういう人たちには、ほんとに申し訳ないと思うのだけど
    品物が入ってこないのは、私たちにはどうしようもできないし。
    はやく今まで通りに物流が正常化するといいけど、
    まだ来週あたりは大変そうです。

    でもなかには、「毎日問い合わせで大変でしょう、頑張ってね」
    なんて声をかけてくれる人もいて
    そういう時は泣きたいくらいうれしくなります。

    やっぱり、こういう時にこそ、そういうふうに
    他人を気遣える人間になりたいものですね。
    毎日いろんな電話を受けながら、
    社会勉強しております。
    クソババアにならないように、気をつけよう。


    posted by: ろみい | 仕事 | 17:26 | comments(0) | - | - |
    コメント